考古学・古代史講座Ⅲ  古代ローマの墓と死生観

受付終了

講座概要

開催日(回数) 2024/06/08 (全1回)
曜日
時間 10:00~11:30
会場 東海大学品川キャンパス
定員 100 名(最小開講人数 9名)
受講料 2,000円(一般)
1,600円(東海大学関係者)
1,000円(東海大学学生・院生)
申込締切日 2024/05/19
対象レベル

講座紹介

古代ローマ帝国に生きた人々は、死後の世界をどのように考えていたのでしょうか。この講義は、ローマ人たちが残した墓や、埋葬について書き残した史料をもとに、ローマ人の死生観を探ります。死者と生きる古代人の世界をご一緒に考えましょう。

講座スケジュール

日程 内容 講師
1 06/08 古代ローマ時代の墓について考えます。 大谷 哲

備考

新規の方も受講可能

講師紹介

大谷 哲 (おおたに さとし)
東海大学文学部歴史学科西洋史専攻 准教授
北海道生まれ。博士(文学 東北大学)。専門は古代ローマ時代のキリスト教。古代のキリスト教を中心とした歴史叙述を主な研究テーマとする。近年は古代の歴史が中世以降にどのように現代まで伝わったのかも研究している。好きな動物は熊。


受付終了