フィンランド語 テーマ別講座①

複数形と過去形の整理と復習をしましょう

概要

 フィンランド語の複数形や過去形の作り方は難しいと感じられるようです。それは複数形の印である-i-、そして過去形の印である-i-をつけるときに、直前の音に変化が起こるからかもしれません。そこでこの講座では、複数形と過去形を一緒に整理しながら復習していくことにします。つまらない文法の話を中心とする講座ですが、それを覚悟して受講してください。

講座詳細

期間2018年10月4日〜2018年10月25日
回数3
曜日
時間19:00~20:30
定員15名(最少開講人数9名)
受講料6,000円
OPクレジット
カード
5,400円、イベントコード:182528
小田急まなたび受付ダイヤル 0570-550-698 詳細はこちら
申込期間2018年8月22日〜2018年9月20日
会場ユニコムプラザさがみはら
対象名詞の複数変化と動詞の過去形を学習したことのある方。すでに十分に理解なさっている方はご遠慮ください。
テキスト-
持ち物-
備考-

開講日・内容

開講日内容
12018年10月4日複数形の印-i-と過去形の印-i-のつけ方
22018年10月11日複数の格変化の注意点
32018年10月18日過去の人称変化の注意点
-2018年10月25日予備日

講師

(よしだ きんご) 東海大学文化社会学部北欧学科教授
専門はフィンランドの言語政策。
○著書:『「言の葉」のフィンランド』(東海大学出版会)、『フィンランド語のしくみ』『フィンランド語文法ハンドブック』『フィンランド語トレーニングブック』(以上、白水社)、『サーミ語の基礎』(大学書林)、『サーミ人についての話』(翻訳、東海大学出版会)

|