五感で学ぶ、北欧のクリスマス

概要

 日本でも最近話題になる北欧のクリスマスについて、理解を深め、実際に体験する講座です。この講座では、伝統的なクリスマス文化やサンタクロースについての講義、音楽やワークショップなどの体験を通じて、北欧文化への理解を深めます。最終回には、スウェーデン人の先生をお招きして、クリスマスの幕開けであるルシア祭を再現し、北欧のクリスマスパーティーを体験しましょう。

講座詳細

期間2018年11月26日〜2018年12月10日
回数3
曜日
時間15:30~17:00(最終日のみ〜17:30)
定員15名(最少開講人数11名)
受講料6,000円(別途 材料費2,500円)
OPクレジット
カード
5,400円(別途 材料費2,500円)、イベントコード:182560
小田急まなたび受付ダイヤル 0570-550-698 詳細はこちら
申込期間2018年8月22日〜2018年11月12日
会場ユニコムプラザさがみはら
対象-
テキスト-
持ち物ハサミ(2回目)、エプロン(3回目)
備考-

開講日・内容

開講日内容講師
12018年11月26日北欧のクリスマスとは?
-長い冬と光の伝統-
浅井・柴山
22018年12月3日北欧のサンタクロースの不思議/クリスマス装飾の制作(ユールヤータなど)浅井・柴山
32018年12月10日ルシア祭とクリスマスパーティー (ジンジャークッキーを焼こう!)全員

講師

浅井 亜希(あさい あき) 東海大学文化社会学部北欧学科講師
立教大学法学部卒業、立教大学大学院法学研究科博士課程後期課程満期退学。専門は、比較政治学、家族政策の比較研究、スウェーデン現代政治研究。東海大学では「北欧の福祉」「北欧の女性と社会」「スウェーデン概論」等を担当している。

柴山 由理子(しばやま ゆりこ) 東海大学文化社会学部北欧学科講師
早稲田大学社会科学研究科博士後期課程を満期退学、2018年4月より現職。専門は比較政治学、フィンランド地域研究、北欧モデルの研究など。フィンランドのデザイン企業Golla社のVicePresidentofSalesandMarketingを経て、東海大学北欧学科にて、「フィンランド概論」などの授業を担当。
○著書:「ヘルシンキのブランド戦略とビジネス戦略」(藪長千乃・藤本祐司編著『福祉国家の観光開発』(2018年、彩流社)他。

マドレーヌ 今井(マドレーヌ イマイ) 元東海大学国際教育センター非常勤講師
スウェーデン、ゴットランド島生まれ、ストックホルム育ち。ストックホルム大学卒業後、英国シェフィールド大学で修士号を取得。英国と日本で生活。日本ではNHK北欧語放送アナウンサーおよび東京女学館大学、セントメリー国際高校、東海大学にてスウェーデン語、英語の講師。

|