古代エジプト学入門

神話と物語の世界

概要

 古代エジプトでは文字が早くから発達したため、壮大なスケールの創世神話をはじめ、多くの物語が遺されています。今期の講座では、数々の神話や物語をエジプトの遺跡や遺物などの写真を交えながら紹介し、神話や物語が生まれた古代エジプト社会の様相を探ります。

講座詳細

期間2019年1月11日〜2019年2月1日
回数3
曜日
時間18:30~20:00
定員27名(最少開講人数9名)
受講料6,000円
OPクレジット
カード
5,400円、イベントコード:182580
小田急まなたび受付ダイヤル 0570-550-698 詳細はこちら
申込期間2018年8月22日〜2018年12月20日
会場ユニコムプラザさがみはら
対象初心者
テキスト-
持ち物-
備考-

開講日・内容

開講日内容
12019年1月11日神はどのようにして生まれ、王はどこから現れたのか ー 創世神話と王権
22019年1月18日旧約聖書に通じる魔術師の物語と王朝の交代劇を記した ー「ウエストカーパピルス」
32019年2月1日神々の争いは何を意味しているのか ー「ホルスとセトの物語」

講師

山花 京子(やまはな きょうこ) 東海大学文化社会学部アジア学科准教授
シカゴ大学人文学部(修士)修了、東海大学論文博士(文学)。専門は古代エジプト考古学。なかでも「ファイアンス」と呼ばれる、現在では失われたガラスと焼き物の中間物質の研究を主とする。 
○著書:『古代エジプトの歴史―新王国時代からプトレマイオス朝時代まで』(慶應義塾大学出版会)、『悠久のナイル―ファラオと民の歴史―』(東海大学出版部)、The Demotic and Hieratic Papyri in the Suzuki  Collection of Tokai University, Japan (Lockwood Press)など

|