味読する漢詩

やさしく、じっくり、時々ほろり

概要

 漢詩の世界はいかがですか。まずは詩の内容を、丁寧に分かりやすく解説します。どんな質問にもやさしく回答するので、気軽におしゃべり感覚で質問してくださって構いません。充分に理解を深めたところで、次は漢文訓読によって、みなで朗誦します。漢詩ならではの美しいリズムを通じて、コーラスにも似た恍惚感を味わいたいと思います。時には温かく、時にはホロリとする漢詩の世界。どうぞ、たっぷりと堪能なさって下さい。

講座詳細

期間2018年10月12日〜2018年11月30日
回数5
曜日
時間10:30~12:00
定員27名(最少開講人数9名)
受講料10,000円
OPクレジット
カード
9,000円、イベントコード:182535
小田急まなたび受付ダイヤル 0570-550-698 詳細はこちら
申込期間2018年8月22日〜2018年9月28日
会場ユニコムプラザさがみはら
対象-
テキスト-
持ち物-
備考-

開講日・内容

開講日内容
12018年10月12日詩でしか物を言えない男―杜甫
22018年10月19日言い尽くさない思い―朝鮮の女流漢詩
32018年11月9日美しさに見とれて―山水のうた
42018年11月16日君のいない部屋で―悼亡のうた
52018年11月30日親子の愛情とは―家族のうた

講師

佐藤 浩一(さとう こういち) 東海大学国際教育センター准教授
1970年、東京生まれ。早稲田大学博士後期課程修了。文学博士。東京大学や早稲田大学大学院で漢詩を講義し、現職に至る。 
○著書:『教養のための中国古典文学史』(研文出版)、『教科書で出会った古文・漢文』(新潮文庫) 
○論文:「仇兆鰲『杜詩詳註』の音注について」(2007年度日本中国学会賞)等

|