日向の横穴式石室と地下式横穴墓

日向における横穴系墓室の受容と地域的特色

概要

 日本列島において、最も早く横穴系墓室を採用した九州の中で、日向は地下式横穴墓といった特徴的な埋葬施設を採用します。対照的に、横穴式石室の受容は他地域に比べ遅れ、採用する古墳もわずかです。この2つの埋葬施設の受容と展開を比較しながら、日向における横穴系埋葬施設の地域性や他地域との関係性を考えます。

講座詳細

期間2018年12月15日
回数1
曜日
時間13:20~14:50
定員100名
受講料1,000円
OPクレジット
カード
-
申込期間2018年8月22日〜2018年11月30日
会場高輪キャンパス
対象-
テキスト-
持ち物-
備考-

開講日・内容

開講日内容
12018年12月15日日向の横穴式石室と地下式横穴墓
ー日向における横穴系墓室の受容と地域的特色ー

講師

津曲 大祐(つまがり だいすけ) 宮崎県西都市教育委員会社会教育課文化財係主査
1976年、宮崎県生まれ。福岡大学人文学部歴史学科(考古学専攻)卒業。2001年より現職。現在、日向国府跡保存整備を担当する。
○論文等:「地下式横穴墓の葬送習俗・儀礼に関する考察」『古文化談叢65号(4)』、「類型化による地下式横穴墓の成立と展開に関する考察」『古代武器研究Vol.12』

|