サウジアラビアの伝統と日常生活

概要

 サウジアラビアの伝統と現代の暮らしについて学ぶ体験型の講座です。昼食ではサウジアラビアの食文化を現地のスタイルで体験、食後には香を焚き、サウジアラビアの香りの文化をお楽しみいただきます。講義1では、気候風土や宗教的背景に結び付いた伝統文化を紹介します。また、講義2ではサウジアラビア人講師が、あまり知られていないサウジアラビアの現代の日常生活について話します。

講座詳細

期間2018年10月24日
回数1
曜日
時間14:00~17:00
定員20名(最少開講人数9名)
受講料2,000円(別途食材費2,000円)
OPクレジット
カード
1,800円(別途食材費2,000円)、イベントコード:182541
小田急まなたび受付ダイヤル 0570-550-698 詳細はこちら
申込期間2018年8月22日〜2018年10月10日
会場アラブ イスラーム学院
対象-
テキスト-
持ち物-
備考※本講座はサウジアラビア国立イマーム・ムハンマド・イブン・サウード・イスラーム大学東京分校アラブ イスラーム学院との提携により開講されます。
※香を焚くので、香りがついても差し支えない服装でいらしてください。

開講日・内容

開講日内容
12018年10月24日

14:00 サウジアラビアのおもてなし・昼食
15:00 講義1「サウジアラビアの伝統的な暮らし」(徳永)
15:45 休憩(コーヒー・ティーブレーク)
16:00 講義2「サウジアラビアの現代の日常生活」(ハルビー) 質疑応答
16:45 展示室見学(サウジアラビアの民具)

講師

徳永 里砂(とくなが りさ) アラブ イスラーム学院研究員
慶應義塾大学大学院修了(博士、史学)。専門は古代アラビア考古学・碑文学。金沢大学人間社会研究域客員准教授。
○著書:『イスラーム成立以前の諸宗教』(国書刊行会、2012)
○訳書:カレン・アームストロング『ムハンマド』(国書刊行会、2016)など

Ahmed Alharbi(アハマド アルハルビ)アラブイスラーム学院財務マネージャー
サウジアラビア、マディーナ出身。東海大学工学部電気電子工学科卒業後、同大学工学研究科修士課程修了(電気電子システム工学)。在学中より数多くの日本・サウジアラビア文化交流イベントの企画・運営に携わる。

|