英文法 初級

概要

 この講座では、英語4技能の各タスクを通して、英語の語彙と文法の基礎知識を身につけます。授業内では、講義内容の英文法が実際にどのように使用、応用されているのかを例文と共に演習し、場面や状況を併せて理解します。無理なく楽しみながら英文法の基礎知識、語法を学習し、英文の基礎的な構成力や読解力、さらには作文力の向上をはかります。

講座詳細

期間2018年4月21日〜2018年7月14日
回数12
曜日
時間09:20〜10:50
定員25名(最少開講人数10名)
受講料18,000円
OPクレジット
カード
16,200円、イベントコード:182418
小田急まなたび受付ダイヤル 0570-550-698 詳細はこちら
申込期間2018年2月26日〜2018年4月11日
会場湘南キャンパス
対象英検5級〜4級レベル 
テキスト-
持ち物-
備考-

開講日・内容

開講日内容
12018年4月21日動詞・名詞・代名詞
22018年4月28日現在形(一般動詞・be 動詞)
32018年5月12日現在進行形(be +~ ing)
42018年5月19日疑問文・否定文の作り方
52018年5月26日過去形(規則動詞・不規則動詞)
62018年6月2日過去進行形(be +~ ing)
72018年6月9日疑問文の作り方(5W+1H の使い方)
82018年6月16日未来形の使い方(未来を表す表現 will)
92018年6月23日未来形の使い方(未来を表す表現 be going to)
102018年6月30日助動詞(can, should, must)
112018年7月7日頻度、量を表す単語の使い方(count and non-count nouns)
122018年7月14日まとめ Wrap Up
-2018年7月21日予備日

講師

中川 浩(なかがわ ひろし)東海大学国際教育センター特任講師
石川県金沢市出身。高校卒業後に英語力ゼロで渡米し、バーモント州の語学学校、モンタナ州Helena市のCarroll大学を経て英語教授法の学位を取得。その後、アリゾナ州でアメリカ人を含む他国の学生に英語を教える。後に、Fort Hays State Universityで修士(TESOL)取得し、カンザス州にある TMP-Marian High School にて ESL プログラムを統括。 15年のアメリカ生活を経て2013年帰国後、東海大学の講師となる。学生ひとりひとりの個性を重視して、自身の異文化経験を背景に英語力を伸ばす授業を心がけている。 
○著書:『「意味順」で学ぶ英会話』(日本能率協会マネジメントセンター出版)

Alan Gregory Harper(アラン グレゴリー ハーバー)東海大学国際教育センター特任講師、東洋大学非常勤講師
サイモンフレーザー大学(カナダ)卒業(学士)、南クィーンズランド大学(オーストラリア)修了(修士)。これまでに松山大学、立命館大学、ウルサン大学(韓国)マルチメディア大学(マレーシア)などで教える。

ゲイラ イシカワ(げいら いしかわ)東海大学国際教育センター非常勤講師
インディアナ州ボールステイト大学卒業後、オクラホマ州ジャクソン小学校教諭、神奈川県内の公立中学校にて外国語指導助手(ALT)を務めた後、2011年4月から東海大学国際教育センター勤務。専門は教育心理学。

|