内田吉保氏に学ぶ史跡探究シリーズ 第5回

ユネスコ「世界の記憶」に登録の“上野三碑の多胡碑記念館”を訪ね、上野国の古墳と小幡に織田氏の城下町の名残を探る。

概要

 ユネスコ「世界の記憶」に登録された上野三碑は、多胡碑・金井沢碑・山上碑として三碑ありますが、いずれも奈良時代の金石文、歴史資料としての価値が高いものです。とくに多胡碑は三碑を代表する古碑です。  伊勢塚古墳では内部の玉石積を見学し、城下町の小幡では織田氏歴代の墓所がある崇福寺などを訪れます。

講座詳細

期間2018年7月7日
回数1
曜日
時間8:15集合 新宿駅西口/明治安田生命ビル前
定員27名(最少開講人数18名)
受講料12,900円(昼食代含む)
OPクレジット
カード
12,300円
申込期間2018年2月26日〜2018年6月29日
会場-
対象-
テキスト-
持ち物歩きやすい服装・靴
備考-

開講日・内容

講師

内田 吉保(うちだ よしやす)優々会代表
歴史や文化を探る旅を専門に、海外や国内の旅を案内。学習院大学や鶴見大学等の史学科、文化財学科の研修旅行の企画・コーディネート等を担当。皇太子殿下の歴史探求の旅に二十数回にわたって同行し、案内する。現在、歴史・遺跡を訪ねる旅を中心に「優々会」を組織して活動中。

|