『源氏物語』「桐壺」巻・「帚木」巻を読む

概要

 『源氏物語』は今から約千年前、平安時代中期に紫式部によって書かれました。五十四帖という長編でありながら、数百人もの多くの登場人物の恋愛模様や政治的な争いが、緊密な筆致で描かれています。その豊かな教養に裏打ちされた美しい文章や深い心理洞察から、日本文学の最高傑作といわれています。主人公は光源氏ですが、最初の巻である「桐壺」巻では、光源氏の生まれる前の父と母の悲恋から語られています。  この講座では『源氏物語』全体の始発という意味で問題の多い「桐壺」巻から、いよいよ光源氏の恋愛遍歴が始まっていく「帚木」巻を読んでいきます。平安王朝の愛と罪の物語を味わいましょう。

講座詳細

期間2017年10月12日〜2017年12月14日
回数8
曜日
時間14:30~16:00
定員15名(最少開講人数9名)
受講料16,000円
OPクレジット
カード
14,400円、イベントコード:2328
小田急まなたび受付ダイヤル 0570-550-698 詳細はこちら
申込期間2017年8月23日〜2017年10月2日
会場ユニコムプラザさがみはらミーティングルーム5
対象-
テキスト-
持ち物-
備考-

開講日・内容

開講日内容
12017年10月12日『源氏物語』「桐壺」巻① ─光源氏の誕生─
22017年10月19日『源氏物語』「桐壺」巻② ─光源氏の誕生─
32017年10月26日『源氏物語』「桐壺」巻③ ─光源氏の誕生─
42017年11月9日『源氏物語』「桐壺」巻④ ─光源氏の誕生─
52017年11月16日『源氏物語』「桐壺」巻⑤ ─光源氏の誕生─
62017年11月30日『源氏物語』「帚木」巻① ─雨夜の品定め①─
72017年12月7日『源氏物語』「帚木」巻② ─雨夜の品定め②─
82017年12月14日『源氏物語』「帚木」巻③ ─空蟬との恋─
-2017年12月21日予備日

講師

佐藤 瞳(さとう ひとみ)東海大学文学部日本文学科非常勤講師、横浜隼人高等学校講師
専門は平安王朝文学。『源氏物語』の「野分」巻や「若菜」巻の恋について、移動や視線といった角度から研究している。 
○共著:『楽しい百人一首(仮)』(武蔵野大学出版会、刊行予定)

|