誤嚥と肺炎

概要

 肺炎は、2011年から「がん」「心疾患」に次いで、死因の3位を占めています。戦前と異なり、多くの種類の抗生物質が使用できる時代に、なぜ、死因の上位を占めるのでしょうか?これには高齢化社会が密接に関係しています。肺炎の死亡者数の96%以上を65歳以上の高齢者が占めているのです。  高齢者に起こる肺炎は、誤嚥と無関係ではありません。食事中にむせていると飲みこみがうまくいっていないこと(誤嚥)を疑いますが、実は、夜間寝ている間に唾液を誤嚥していることも多いのです。肺炎をおこすと、治っても元通りの活動度に戻れないことが多くなり、中には肺炎を何度も繰り返す患者さんもおられます。この講座では、嚥下のしくみ、高齢者と誤嚥の関係、誤嚥によって起こる肺炎についてお話しします。さらに、誤嚥による肺炎の予防についても考えていきます。  また最近、テレビ等で肺炎ワクチンのコマーシャルを目にされると思います。肺炎の予防という観点から、この肺炎ワクチンについてもお話ししたいと思います。

講座詳細

期間2017年12月2日
回数1
曜日
時間14:30~16:00
定員27名(最少開講人数9名)
受講料2,000円
OPクレジット
カード
1,800円、イベントコード:2353
小田急まなたび受付ダイヤル 0570-550-698 詳細はこちら
申込期間2017年8月23日〜2017年11月22日
会場ユニコムプラザさがみはらミーティングルーム4
対象-
テキスト-
持ち物-
備考-

開講日・内容

開講日内容
12017年12月2日-

講師

沓澤 智子(くつざわ ともこ)東海大学健康科学部学部長、東海大学健康科学部看護学科教授
専門領域は、呼吸器内科学。健康科学部看護学科で看護基礎教育に携わりながら、医学部付属病院で非常勤医師として呼吸器内科の診療をしている。研究テーマは、慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者の運動負荷。

|