源氏物語  「行幸」巻を読む+紫式部の生涯をたどる

受講申込

講座概要

開催日(回数) 2024/05/13~07/22 (全7回)
曜日
時間 11:20~12:50
会場 ユニコムプラザさがみはら
定員 15 名(最小開講人数 10名)
受講料 14,000円(一般)
11,200円(東海大学関係者)
7,000円(東海大学学生・院生)
申込締切日 2024/04/21
対象レベル

講座紹介

今から約千年前に書かれた日本文学の最高傑作『源氏物語』を、名場面・名文を味わいながら丁寧に読み解いていく講座です。
今回は、光源氏の養女・玉鬘と実父の内大臣との関係が動き出す部分を見ていきます。また、今年は大河ドラマ「光る君へ」の放送にちなみ、最初に紫式部の生涯と『紫式部日記』について解説します。長編物語の途中ですが、初めて読んでも問題のない内容です。
雅な平安時代の世界を味わいましょう。

講座スケジュール

日程 内容 講師
1 05/13 紫式部の生涯 ―『源氏物語』以前と以後― 佐藤 瞳
2 05/20 紫式部と藤原道長 ―『紫式部日記』を読む― 佐藤 瞳
3 06/03 『源氏物語』「行幸」巻① ―大原野行幸と玉鬘― 佐藤 瞳
4 06/10 『源氏物語』「行幸」巻② ―大宮を見舞う― 佐藤 瞳
5 06/17 『源氏物語』「行幸」巻③ ―内大臣との語らい― 佐藤 瞳
6 07/01 『源氏物語』「行幸」巻④ ―玉鬘の裳着― 佐藤 瞳
7 07/08 『源氏物語』「行幸」巻⑤ ―内大臣と近江の君― 佐藤 瞳

予備日

2024年7月22日(月) ※休講が発生した場合のみ予備日で補講を行います。

備考

※以前から継続の講座ですが、新規の方も受講可能です。これまでの流れについて補足いたしますので、どうぞ気軽に受講してください。

教材

講座中に各回資料を配布いたします。

講師紹介

佐藤 瞳 (さとう ひとみ)
東海大学文学部日本文学科非常勤講師
専門は平安王朝文学。『源氏物語』の「野分」巻や「若菜」巻の恋について、移動や視線といった角度から研究している。
○共編著:『くずし字で読む『百人一首一夕話』』(武蔵野書院、2018 年)


受講申込