源氏物語  「初音」巻~「胡蝶」巻を読む

受講申込

講座概要

開催日(回数) 2022/11/28~2023/01/30 (全5回)
曜日
時間 11:20~12:50
会場 ユニコムプラザさがみはら
定員 16 名(最小開講人数 10名)
受講料 10,000円(一般)
9,000円(OPクレジットカード )
8,000円(東海大学関係者/望星学塾会員)
5,000円(東海大学学生・院生)
イベントコード 225129w
申込締切日 2022/11/14
対象レベル

【OPクレジットカード(小田急)をお持ちの方はコチラから】

講座紹介

今から約千年前に書かれた日本文学の最高傑作『源氏物語』を、名場面・名文を味わいながら丁寧に読み解いていく講座です。今回は、光源氏の新築の邸である「六条院」にて行われる華やかな正月の様子や、春の胡蝶の絢爛豪華な宴など、平安絵巻さながらの場面を見ていきます。長編物語の途中ですが、初めて読んでも問題のない内容です。雅な平安時代の世界を味わいましょう。

講座スケジュール

日程 内容 講師
1 11/28 『源氏物語』「初音」巻① ―新春の六条院― 佐藤 瞳
2 12/12 『源氏物語』「初音」巻② ―二条東院と男踏歌― 佐藤 瞳
3 12/26 『源氏物語』「胡蝶」巻① ―盛春の船楽― 佐藤 瞳
4 01/16 『源氏物語』「胡蝶」巻② ―玉鬘と求婚者たち― 佐藤 瞳
5 01/23 『源氏物語』「胡蝶」巻③ ―初夏の雨後の告白― 佐藤 瞳

予備日

2023年1月30日(月) ※休講が発生した場合のみ予備日で補講を行います。

備考

2021年度後期からの継続講座、新規の方も受講可能
※以前からの継続の講座ですが、新規の方も受講可能です。これまでの流れについて補足いたしますので、どうぞ気軽に受講してください。

講師紹介

佐藤 瞳 (さとう ひとみ)
東海大学文学部日本文学科非常勤講師
専門は平安王朝文学。『源氏物語』の「野分」巻や「若菜」巻の恋について、移動や視線といった角度から研究している。
○共編著:『くずし字で読む『百人一首一夕話』』(武蔵野書院、2018 年)


受講申込