考古学講座Ⅲ  石器の進化史

受講申込

講座概要

開催日(回数) 2023/01/07 (全1回)
曜日
時間 10:00~11:30
会場 ユニコムプラザさがみはら
定員 40 名(最小開講人数 12名)
受講料 2,000円(一般)
1,800円(OPクレジットカード )
1,600円(東海大学関係者/望星学塾会員)
1,000円(東海大学学生・院生)
イベントコード 225138w
申込締切日 2022/12/21
対象レベル

【OPクレジットカード(小田急)をお持ちの方はコチラから】

講座紹介

石器は人類が作った最古の道具とされます。石器の形態は、旧石器時代から新石器時代にかけて、簡素なものから複雑なものへ、不格好なものから左右対称の美しいものへと変化します。こうした石器の変化には、人間や人間社会のどのような要因と関わりがあったのでしょうか。本講演では、実物の石器を紹介しながら、西アジア(中東)を舞台に石器の進化史について講義します。

講座スケジュール

日程 内容 講師
1 01/07 実物の石器に触れながら、石器の進化史について理解を深めます 有村 誠

備考

新規の方も受講可能

講師紹介

有村 誠 (ありむら まこと)
東海大学文学部歴史学科考古学専攻教授
鹿児島県生まれ。博士(Ph.D.フランス、リヨン第2大学)。専門は中東の先史考古学。中東における農耕文化の発生とその影響を主な研究テーマとする。アルメニアにて先史遺跡の発掘調査を継続中。


受講申込