『源氏物語』  「花散里」巻~「明石」巻を読む

受付終了

講座概要

開催日(回数) 2019/04/08~07/08 (全11回)
曜日
時間 10:30~12:00
会場 ユニコムプラザさがみはら
定員 15 名(最小開講人数 9名)
受講料 22,000円(一般)
19,800円(OPクレジットカード )
17,600円(東海大学関係者)
11,000円(東海大学学生・院生)
イベントコード 192603
申込締切日 2019/03/25
対象レベル

講座紹介

この講座は、今から約千年前に書かれた日本文学の最高傑作『源氏物語』を、名場面・名文を味わいながら丁寧に読み解いていく講座です。今回は、主人公・光源氏が須磨・明石へと流離し苦難する場面を取りあげます。都を想い憂愁の日々を過ごす光源氏、鄙の地にあって閑居な暮らしをする明石の入道の様子など、これまでとは違った部分です。雅な平安時代の世界を味わいましょう。

講座スケジュール

日程 内容 講師
1 04/08 『源氏物語』「花散里」巻① ―五月雨の空― 佐藤 瞳
2 04/15 『源氏物語』「須磨」巻① ―離京の決意― 佐藤 瞳
3 04/22 『源氏物語』「須磨」巻② ―御陵参拝― 佐藤 瞳
4 05/13 『源氏物語』「須磨」巻③ ―須磨への旅立ち― 佐藤 瞳
5 05/20 『源氏物語』「須磨」巻④ ―憂愁の日々― 佐藤 瞳
6 05/27 『源氏物語』「須磨」巻⑤ ―明石の入道― 佐藤 瞳
7 06/03 『源氏物語』「明石」巻① ―雷鳴と夢枕― 佐藤 瞳
8 06/10 『源氏物語』「明石」巻② ―明石の入道― 佐藤 瞳
9 06/17 『源氏物語』「明石」巻③ ―入道との語らい― 佐藤 瞳
10 06/24 『源氏物語』「明石」巻④ ―入道の娘― 佐藤 瞳
11 07/01 『源氏物語』「明石」巻⑤ ―別れの琴の音― 佐藤 瞳

予備日

7月8日(月)
※休講が発生した場合のみ予備日で補講を行います。

注意事項

2018年度後期からの継続講座、新規の方も受講可能

講師紹介

佐藤 瞳 (さとう ひとみ)
非常勤
東海大学文学部日本文学科非常勤講師、横浜隼人高等学校講師

専門は平安王朝文学。『源氏物語』の「野分」巻や「若菜」巻の恋について、移動や視線といった角度から研究している。
○共編著:『くずし字で読む『百人一首一夕話』』(武蔵野書院、2018年)


受付終了