時代を彩った女と男たち  李香蘭、藤原義江たちが活躍した大正ロマンと昭和モダン

開講中止

講座概要

開催日(回数) 2020/05/12~06/16 (全5回)
曜日
時間 15:00~16:30
会場 ユニコムプラザさがみはら
定員 27 名(最小開講人数 9名)
受講料 10,000円(一般)
9,000円(WEB割)
9,000円(OPクレジットカード )
8,000円(東海大学関係者)
5,000円(東海大学学生・院生)
イベントコード 205031
申込締切日 2020/04/27
対象レベル

【OPクレジットカード(小田急)をお持ちの方はコチラから】

講座紹介

大正から昭和期に登場した異色の人物たちの、時代に抗して輝いた姿と暗い世相と時代背景を語ります。浅草オペラから世界に飛び出した藤原義江、風雲のテロリストにして文化人の甘粕正彦、新感覚派の作家・川端康成と「伊豆の踊子」、伊藤野枝・平塚らいちょうら、雑誌『青鞜』の群像と日本近代史の実像に迫ります。

講座スケジュール

日程 内容 講師
1 05/12 伊藤野枝と大杉栄の甘粕事件
不穏な時代を生きた女性軍
太田 尚樹
2 05/19 満映のスター李香蘭、川島芳子と満州国 太田 尚樹
3 05/26 川端康成を巡る美女たちと伊豆の踊子のその後の人生
特攻基地の意外な行動
太田 尚樹
4 06/02 浅草から世界に出て活躍した藤原義江の光と影 太田 尚樹
5 06/09 その他の補足とディスカッション 太田 尚樹

予備日

6月16日(火)※休講が発生した場合のみ予備日で補講を行います。

講師紹介

太田 尚樹 (おおた なおき)
東海大学名誉教授、作家
1941年、東京生まれ。専門はイベリア半島史、日本近代史。近年は昭和史、特に満州に関する研究に専念。講演のほかにテレビ、新聞でも活躍する。
○著書:『満州裏史』『赤い諜報員』『天皇と特攻隊』『川島芳子の謎』(以上、講談社)、『満州と岸信介』(KADOKAWA)、『東京裁判の大罪』(ベストセラーズ)、『米国駐日大使 ジョセフ・グルーの昭和史』(PHP)など多数


開講中止