『古事記』エンタメ劇場

概要

 『古事記』とは何でしょう?成立の由来から考えると「国家統治の根本」ということになります。そこでしばしば「古事記は〈王権の書〉である」といわれます。それを「歴史」という人もいます。『古事記』は上中下の三巻からなりますが、上巻は神話と神々の系譜、中・下巻は天皇の代ごとに系譜と物語を叙述しています。しかし『古事記』の叙述を追ってゆくと、「国家統治の根本」というには「?」な話がたくさんあります。この講座では、そのようなお話を読みながら、『古事記』の「文学」としての姿を探ってみたいと思います。そこに描かれたキャラクターたちの物語は、後世のさまざまな物語に継承され、展開され、そして今の娯楽作品へと流れていきます。『古事記』をエンターテインメントとして楽しみましょう。

講座詳細

期間2017年5月19日〜2017年7月7日
回数5
曜日金曜日
時間19:00〜20:30
定員27名(最小開講人数9名)
受講料10,000円
OPクレジット
カード
9,000円、イベントコード:2248
小田急まなたび受付ダイヤル 0570-550-698 詳細はこちら
申込期間2017年2月22日〜2017年5月9日
会場ユニコムプラザさがみはら
対象-
テキスト-
持ち物-
備考-

開講日・内容

開講日内容
12017年5月19日序 夜 歴史からの解放
22017年5月26日第一夜 戦闘少女アマテラス
32017年6月2日第二夜 荒ぶる神の怪獣退治
42017年6月23日第三夜 第三話の悲劇
52017年7月7日終 夜 メディアを越えるもの

講師

志水 義夫  (しみづ よしを) 東海大学文学部日本文学科教授
博士(文学)。東海大学文学部北欧文学科で荻島崇先生にフィンランド語 を、小泉保先生に民族叙事詩『カレワラ』を学び、卒業後、東海大学大学院文学研究科日本文学専攻博士課程に進学。同大学院では國學院大學教授櫻井満に師事。研究テーマは『古事記』の成立。『日本書紀』受容史。 古事記学会理事。 
○著書:『古事記生成の研究』(おうふう)、『古事記の仕組み』(新典社新書37)、『澁川春海と谷重遠』(新典社選書70)、『マンガでわかる古事記』(池田書店)

|