ワイン講座2 第2回

-新世界ワインを極める-(赤ワイン)

概要

 1976年5月24日まで、銀河系最強のワイン王国は、フランスでした。同日の「パリ試飲会事件」で、カリフォルニアの無名の赤白ワインが、フランスの超銘醸ワインと目隠し試飲をして、カリフォルニアが赤白の両部門で勝利しました。これ以降、「フランスの呪縛」がなくなり、世界中で超高品質ワインができるようになりました。  ヨーロッパ以外でできたワインを「新世界ワイン」と呼びます。新世界ワインの三銃士が、カリフォルニア、ニュージーランド、オレゴンで、品質ではフランスの超銘醸物と同等以上ですが、価格は3分の1以下。そんな新世界ワイン三銃士の中でも、とくに優れた生産者の赤白ワインを試飲します。  第1回は白ワインとスパークリング・ワイン、第2回は赤ワインをテイスティングします。初心者の方、大歓迎。ワインを1回でも飲んだことがあれば、OKです。難しい言葉は一切使わず、丁寧に解説します。 ※本講座ではリーデル社のグラスを使います。 【注意事項】 ワインを試飲するため、車、バイク、自転車での来場はご遠慮ください。

講座詳細

期間2017年6月21日
回数1
曜日水曜日
時間19:00〜20:30
定員24名(最小開講人数9名)
受講料2,000円+ワイン代4,000円
OPクレジット
カード
1,800円+ワイン代4,000円、イベントコード:2258
小田急まなたび受付ダイヤル 0570-550-698 詳細はこちら
申込期間2017年2月22日〜2017年6月10日
会場ユニコムプラザさがみはら
対象-
テキスト-
持ち物-
備考-

開講日・内容

開講日内容
12017年6月7日新世界の白ワインとスパークリング・ワイン
22017年6月21日新世界の赤ワイン

講師

葉山 考太郎  (はやま こうたろう) ワイン・ジャーナリスト
『ヴィノテーク』『ワイン王国』『Winart』など、ワイン専門誌に寄稿。ワイン漫画、『神の雫』では巻末のコラムを連載。2007年、フランス・シャンパーニュ騎士団より、オフィシエを叙勲。 
○著書・訳書:『30分で一生使えるワイン術』(ポプラ社)、『ブルゴーニュ大全』(共訳、白水社)、『パリスの審判』(日経 BP 社)、『今夜使えるワインの小ネタ』(講談社)など多数

|