アラビア書道

概要

 神の啓示である『クルアーン』の言葉をいかに美しく記すかということに始まったアラビア書道は、まさにイスラーム芸術の中核といえるものです。書家たちは一定の書法に則りつつ、葦や竹でつくられたシンプルなペンと墨で、驚くような作品を生み出します。  第1回はイントロダクションとして、アラビア文字がどのように成立したのか、古代からイスラーム時代初期の文字の歴史についてお話しします。第2回以降はエジプトの書家の家系に育った講師が担当し、アラビア文字と発音、さまざまな書体に関する説明の後、ペンの持ち方から始めて短文が書けるようになるまで、丁寧に指導します。アラビア書道既習者の方も、またアラビア語・アラビア文字についてまったく基礎知識のない方も大歓迎です。 ※この講座はサウジアラビア国立イマーム・ムハンマド・イブン・サ ウード・イスラーム大学東京分校との提携により開講されます。

講座詳細

期間2016年10月25日〜2016年12月13日
回数6
曜日
時間15:10~16:40
定員15名(最少開講人数9名)
受講料12,000円(別途材料費500円)
OPクレジット
カード
10,800円(別途材料費500円)、イベントコード:2149
小田急まなたび受付ダイヤル 0570-550-698 詳細はこちら
申込期間2016年8月24日〜2016年10月15日
会場ユニコムプラザさがみはら
対象-
テキスト-
持ち物
備考-

開講日・内容

開講日内容講師
12016年10月25日アラビア文字の歴史徳永
22016年11月8日アラビア文字と発音イハーブ
32016年11月22日アラビア書道実習イハーブ
42016年11月29日アラビア書道実習イハーブ
52016年12月6日アラビア書道実習イハーブ
62016年12月13日アラビア書道実習イハーブ

講師

Ehab Ebeid (イハーブ エベード)アラブ イスラーム学院講師
カイロ大学文学部日本語学科卒業。大阪大学大学院言語文化研究科博士 課程単位取得退学。カイロ大学教員、アインシャムス大学非常勤講師、 東京外国語大学世界言語社会教育センター外国語主任教員等を経て2015 年より現職。 
○共著:『パスポート日本語アラビア語辞典』(白水社、2004)、『大学の アラビア語 詳解文法』(東京外国語大学出版会、2011)など

徳永 里砂(とくなが りさ)アラブ イスラーム学院研究員
慶應義塾大学大学院修了(博士、史学)。専門は古代アラビア考古学・碑 文学。金沢大学人間社会研究域客員准教授。 
○著書:『イスラーム成立以前の諸宗教』(国書刊行会、2012) 
○訳書:カレン・アームストロング『ムハンマド』(国書刊行会、2016) など

|