三島由紀夫の人生と文学をたどる

 

概要

 昭和を代表する作家のひとりである三島由紀夫は、今も多くの読者を惹きつけてやみません。文芸作品のみならず、自己改造につぐ自己改造のあげく、昭和45年11月25日に自衛隊東部方面総監部に立てこもり、クーデターを呼びかけて自決するという死に方は、私たちに大きな謎を残しました。  三島はなぜ、あのような死に方をしたのか、そして、あのような死に方と文芸とはどのようにつながりあうのか。この二点に何がしかの答案を出せるように、3回の講義を組み立ててみました。  ただし、これは私の答案であって、正解とはかぎりません。私はあくまで文学者としての三島を軸に、政治行動者としての三島を相対化する読み方を採ります。

講座詳細

期間2016年11月9日〜2016年11月30日
回数3
曜日
時間11:00~12:30
定員27名(最少開講人数9名)
受講料6,000円
OPクレジット
カード
5,400円、イベントコード:2153
小田急まなたび受付ダイヤル 0570-550-698 詳細はこちら
申込期間2016年8月24日〜2016年10月29日
会場ユニコムプラザさがみはら
対象初級者から中級者。初めて三島を読む人でもわかりやすい講義を目指します。
テキスト『豊饒の海』(『春の雪』『奔馬』『暁の寺』『天人五衰』) ※レジュメは適宜、講師が用意します。
持ち物
備考-

開講日・内容

開講日内容
12016年11月9日20歳の逃亡 (昭和20年2月および8月の意味するもの)
22016年11月16日20歳の死の再試行 (昭和45年11月25日)
32016年11月30日『豊饒の海』と昭和45年11月25日

講師

三輪 太郎 (みわ たろう) 作家・文芸評論家・東海大学文学部文芸創作学科准教授
1962年名古屋生まれ。早稲田大学第一文学部卒。文藝春秋で9年ほど文芸編集に携わる。1990年「『豊饒の海』あるいは認識の折り返し点」で 群像新人賞(評論部門)、2007年「ポル・ポトの掌」で日経小説大賞佳作、 2016年「憂国者たち」で三島由紀夫賞候補。
○著作:「死という鏡」「大黒島」「後生」「村上春樹で世界を読む」など

|