超稀少体験: 20年以上熟成したワインを試飲する

概要

 ワインの愛好家が、「この前、シャトー・マルゴーの1982年物を飲んでね......」と得意気に語るのを聞いたことがあると思います。自慢話を鬱陶しいと思う反面、ボルドーやブルゴーニュの赤ワインが20年、30年たつと、どんな味や香りになるんだろうと物凄く気になります。  銘醸赤ワインが熟成すると、若い時の梨やイチゴやマンゴーのようなフルーツ系の香りが一変して、チョコレート、ミルク紅茶、鰹の旨味、ビーフジャーキーのような動物系の官能的な香りになります。このレベルになると「神の飲み物」で、ワインの醍醐味ともいえます。  この講座では、20年以上熟成させたボルドー、ブルゴーニュ、シャンパーニュを試飲します。とくにシャンパーニュの古酒は非常に貴重で、なかなか飲む機会はありません。ワインの古酒の魅力を体験してください。 ※本講座ではリーデル社のグラスを使います。 【注意事項】 ワインを試飲するため、車、バイク、自転車での来場はご遠慮ください。

講座詳細

期間2016年12月8日
回数1
曜日
時間18:00~19:30
定員24名(最少開講人数9名)
受講料2,000円(別途ワイン代等6,000円)
OPクレジット
カード
1,800円(別途ワイン代等6,000円)、イベントコード:2165
小田急まなたび受付ダイヤル 0570-550-698 詳細はこちら
申込期間2016年8月24日〜2016年11月28日
会場東海大学 高輪キャンパス
対象-
テキスト-
持ち物
備考-

開講日・内容

開講日内容
12016年12月8日-

講師

葉山 考太郎(はやま こうたろう)ワイン・ジャーナリスト
『ヴィノテーク』『ワイン王国』『Winart』など、ワイン専門誌に寄稿。ワイン漫画、『神の雫』では巻末のコラムを連載。2007年、フランス・シャンパーニュ騎士団より、オフィシエを叙勲。
○著書、訳書には、『30分で一生使えるワイン術』(ポプラ社)、『ブルゴーニュ大全』(共訳 白水社)、『パリスの審判』(日経BP社)、『今夜使えるワインの小ネタ』(講談社)など多数。

|