ご挨拶

 東海大学は札幌から熊本までの8つのキャンパスに、18学部77学科・専攻・課程を有する広域総合大学で、創立者の「調和のとれた文明社会を建設する」という理想のもとに、教育・研究活動を展開しております。
 地域連携センターは2017年4月に新設された組織ですが、その前身は2013年度に採択された文部科学省の「地(知)の拠点整備事業」の推進を担っていた「To-Collabo推進室」と、2000年度より生涯学習講座を展開していた「エクステンションセンター」の二部署であります。文部科学省の整備事業は本年度をもって終了となりますが、来年度以降も8つのキャンパスにおいて積極的に地域との連携を推進してまいります。
 現在、生涯学習講座に関しましては、湘南・高輪・熊本の各キャンパスと「相模原市立市民・大学交流センター」(通称「ユニコムプラザさがみはら」神奈川県相模原市)で開講しておりますが、今後は地域連携の一つの取り組みとして内容の充実を図るとともに、他のキャンパスにおいてもそれぞれの学部の特長を生かした講座を開講し、本学の多様な学問領域の“知”を地域の皆様に積極的に還元してまいりたいと考えております。皆様のご理解、ご協力とともに、ご指導を賜りたくお願い申し上げます。

東海大学地域連携センター
所長 池村 明生

※To-CollaboはTokai University Community Linking Laboratoryの略称です。

|